高血圧を予防するには塩分量と動脈硬化改善ストレッチ

高血圧は標準血圧よりも平均して高い血圧になり、それが持続してしまう疾患をいます。この疾患は生活習慣病の1つでもあり、その食生活などが大きく関与しています。その食生活の中でも特に重要とされるのが塩分量です。現在は生活習慣病である高血圧の対策として、厚生労働省でも一日にとる理想的な塩分量を決めています。塩分量の中でも高血圧に関与するのはナトリウムです。ナトリウムは細胞外液の濃さを一定にする重要な働きを持っているので、不足してもミネラルのバランスが崩れ問題となりますが、過剰摂取も同様に高血圧の原因として問題になっているのです。また高血圧の人は、血管の収縮や拡張の動きがわるくなってきているといわれます。高血圧が続くと血管壁も傷みやすくなり、そこから血管が破れてしまうと、脳出血などのリスクも高まります。反対に血管内などで詰まってしまうと、脳梗塞や心筋梗塞の発症の原因になります。そこで注目を浴びているのが、動脈硬化改善ストレッチです。普段から甘いものを多く摂取していると体のコラーゲンの周りに糖が付着する糖化という現象が起こり、この状態は、筋肉や血管などの老化を早めてしまうといわれます。その予防として動脈硬化改善ストレッチをすると筋肉の動きもよくなり、血管の若返りもでき、高血圧による血管障害のリスクを下げることができるというのです。この動脈硬化改善ストレッチは、決して難しい動きばかりではありません。だれもが取り組むことができるように、簡単でいつでもできるようなストレッチの動きなのです。そのため若い人から高齢の方まで気軽の取り組むことができるのが特徴です。実際に血管の若返りも研究などで実証されているので、大変効果があるといえます。