薬の個人輸入で、違法になる発送方法

日本では手に入りにくい薬を手に入れる方法として、薬の個人輸入は大変便利な方法です。
現代ではインターネットの普及などにより、手軽に外国の薬を個人輸入できるようになってきています。
そもそも、薬の個人輸入は違法なものではなく、日本での承認薬を個人で使用する場合であれば、輸入を認められます。
一方で違法になる発送方法もありますので、輸入方法を間違えないようにする必要があります。
正しい個人輸入の方法は2つあります。
まず、薬を必要としている本人が外国の販売業者に薬の発送を申込み、販売会社から直接本人に薬を発送する方法があります。
もう一つは薬を必要としている人が輸入代行業者に薬の輸入を依頼し、輸入代行業者から発送の注文を受けた外国の販売会社から本人へ薬を発送する方法です。
後者の方法を取った場合に、輸入代行業者が、薬の受け取りをしてしまうと違法となってしまいます。
受け取り後、輸入代行業者が本人に薬を渡したとしても違法となってしまうので注意が必要です。
また、薬の個人輸入は個人使用の目的でのみ認められるものですので、購入した薬は有償無償にかかわらず他者へ譲渡することは禁止されています。
そして、当然のことですが、違法ドラッグなどの輸入自体が禁止されている薬物を輸入することは違法となります。