塩分量調節で高血圧を改善しストレッチで健康な体

高血圧は動脈硬化を引き起こすリスクがあります。動脈硬化とは血管の壁が硬くなったり厚くなるという症状ですが、これによって血管の中を通る血液の循環が悪化してしまいます。血液循環が悪くなれば脳や心臓に必要な血液が行き届かなくなり、大きな負担をかけることになります。さらに血管が破裂する危険性もあるため、動脈硬化は日頃から予防することが大切です。
動脈硬化になりやすい方には特徴があります。例えば脂質異常症や高血圧、高血糖といった症状がある方は注意が必要です。特に高血圧は様々な症状を引き起こすため、すぐにでも血圧を下げる方法を実践した方がいいのです。
高血圧は塩分量を調整することで、ある程度の改善が図れます。既に高血圧の症状が現れている方は医師から塩分量の調整を指示されているはずです。自分で塩分量を調整する場合は、1日6グラム未満に抑えましょう。
日本人の平均的な塩分摂取量は10グラムとされていますが、人よりも濃い味付けを好む方はさらに多くの塩分を摂取していることも考えられます。段階的に摂取量を減らし、最終的には6グラム未満で抑えられるようにしなければなりません。しかし、突然薄い味付けのすると食事が進まなくなるため、調理法を工夫しながら減塩を実践します。スーパーの調味料コーナーに行くと減塩タイプが並んでいます。醤油や味噌等の調味料で減塩タイプがあるので、毎日の食生活に取り入れましょう。
食生活を見直すと同時に動脈硬化改善ストレッチを実践することも効果的です。動脈硬化改善ストレッチと言っても決まったストレッチ法ではなく、自分が続けやすい方法で行って構いません。自宅で手軽にできる動脈硬化改善ストレッチ法を考えて毎日の習慣にしましょう。